メガソーラー参入、11月急増

経済産業省の発表によれば、
2011年11月に同省が認定したメガソーラー(大規模太陽光発電所)設備計画は、
1ヶ月間で 90万kw になる。

これは、「発電能力ベース」で見れば、原子力発電所1基分に相当する。

注)ただし、稼働率で、原発と太陽光発電には大きな差があるため、単純比較はできない。
  2009年での原発の稼働率は65%。
  太陽光発電は、地域により差があるが、概ね15~20%である。
  (太陽光発電は、日照時間、天候、気温などの影響を受ける)

経産省よれば、4月~11月末までに再生可能エネルギー設備として認定されたのは合計364万kw。

このうち非住宅太陽光発電(メガソーラーなど)は253万kwと約7割を占め、
7月に始まった再生可能エネルギーの全量買取制度を呼び水に急増している。

《再生可能エネルギー設備導入状況(2012年4月~11月末)》

-2011年度末時点での
累積導入量
2012年4月~11月末に
運転開始した設備容量
2012年4月~11月末に
「認定」を受けた設備容量
太陽光(住宅)400万kw102.7万kw72.7万kw
太陽光(非住宅)80万kw37.1万kw253.5万kw
風力250万kw1.4万kw35.3万kw
水力(中小水力)936万kw0.1万kw0
水力(ミニ・マイクロ)20万kw0.2万kw0.2万kw
バイオマス210万kw2.8万kw4.0万kw
地熱50万kw00.1万kw

太陽光の売電価格は、1kw時当たり42円であり、これは20年間保障される。

これにより、太陽光発電がビジネスベースに乗り、
メガソーラーへの参入が一気に拡大している。

参入企業は、出光興産、ソフトバンク、富士電機、東京都競馬、中部日本放送、養命酒製造など30社以上に上る。

ただし、現行の売電価格を確定するには来年3月末までに経産省の設備認定を受け、
電力会社に電力網接続の契約を申し込む必要がある。

これらの手続きには約3カ月の期間を要することから
11月に駆け込み参入が相次いでいると見られる。

コメント


認証コード5493

コメントは管理者の承認後に表示されます。