JXエネ、マンション電力自給システム供給へ

石油元売り最大手のJX日鉱日石エネルギーは、
集合住宅向けに電力自給率を大幅に高める電力システムの事業を始める。

JXエネルギーの自給型電力システム

これは、マンション屋上部に設置する「太陽光発電」と、ガスで発電する「燃料電池」、
「蓄電池」を組み合わせ、マンションが外部から購入する電力を9割減らし、
残る1割もJXの天然ガス発電から供給し、電力コストを大幅に下げるというもの。

2014年度から供給が開始される。

電力大手が家庭用電気料金の引き上げに動く中、
NTTグループや大京なども集合住宅向けに割安な電力供給事業開始に動いている。

JXは、電力をできる限り自給するシステムにより独自色を出す。

すでに横浜、川崎の社宅で実証実験を開始しており、
必要な電力の8~9割を太陽光、燃料電池、蓄電池で賄えることが確認された、としている。

政府は、電力小売りの全面自由化方針を掲げている。

JXエネの太陽光発電などを組み入れたマンション向け電力自給システムは
今後注目を集めそうだ。

コメント


認証コード4872

コメントは管理者の承認後に表示されます。