再生エネルギー+地域振興に、政府支援

資源エネルギー庁と総務省が
再生可能エネルギーを使った地域振興に支援金の支給を始める。

これは、太陽光発電などの再生可能エネルギーによって得た収入を地域振興策につなる31の事業を対象に
事業実施に向けた調査費を支給するもの。

31事業は、太陽光、風力、地熱などを使う発電で
その収入の一部を地域に還元し、地域振興策にあてることを条件に選定された。

24都道府県にまたがるこれらの事業は、中小企業やNPO(非営利組織)が手掛けるものであり、
合計で78㍋ワット(一般家庭2万世帯分)となる。

これらの事業の調査費として、1件当たり250万円~500万円が支給される。

主な事業には以下のようなものがある。

  • 太陽光発電の収入で有機野菜を購入、宿泊施設で提供する。(三重県伊賀市)
  • 地熱発電の出資者に、配当として地域特産のトビウオ届け、農水産業発展つなげる。(東京・八丈島)
  • 風力発電の出資者に、村の農産品を配当する。(徳島県佐那河内村)
  • バイオマス発電の余熱を利用して施設園芸。(福島県塙町)
  • メガソーラーの売電収入で、地域特産農産品ブランドの宣伝広告。(熊本県合志市)

    コメント


    認証コード5405

    コメントは管理者の承認後に表示されます。